再発を繰り返す根尖病巣に歯根端切除と骨移植で治療1

 数年前から、上の前歯の歯茎、根の先端付近にできものが出来ており、数年前には一度手術をしてもらったとのことですが、再発してきたようです。

 もろとみ歯科の事をインターネットで知り、治療に来ていただきました。

 レントゲンでは、根の先に黒く病気ができていました。

1

 CTで精密検査をすると、境界明瞭な骨欠損が認められ、歯根嚢胞と思われましたので、歯根端切除術を実施することにしました。

3

 粘膜を剥離すると、根の先には骨が完全になくなっており、嚢胞と言われる病気ができていました。嚢胞を除去したのち、根の先端を特殊な樹脂で封鎖して、細菌が再度漏れ出ないようにしました。

4

 骨の欠損が大きかったので、治りが良い様に、人工の骨(ハイドロキシアパタイト)を充填しました。

5

 術後のレントゲンでも、根の先の封鎖、欠損した部分への骨移植が良好になされています。

 術後経過も良く、長年の悩みも無くなったと、とても喜ばれておられました(^_-)-☆

 

もろとみ歯科

住所 〒814-0161
福岡県福岡市早良区飯倉7-3-10
TEL 092-801-2767
診療時間
平日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
休診日 日曜・祝日・(木曜)
祝日のある週は、木曜日も診療致します。

当院facebookはこちら
http://bit.ly/1XdzyyT