コロナウイルスによる重症化肺炎予防に歯科治療を!

 一部のマスコミで、専門家ではないゲストやお笑い芸人などが「歯科医療は不要不急」と言ったり、
「感染リスクが高いから歯科医院には行かないほうがよい」
といっていた報道がありました。

 歯科医療専門家として、ここで明確に反論しておきたいと思います。

【1.歯科医療は不要不急ではない】 

 急患でお痛みの患者さんの治療はもちろん、
根の治療の途中で1週間も余計に治療期間が開くとお口の中の細菌による感染リスクが高くなります。

 歯をけずってからセかぶせものを装着するまで3週間も開けるとかなりの調整が必要になり、
3ヶ月も開くとせっかく作ったものが使えなくなってしまいます。

 歯周病の治療やメンテナンスも、1か月専門的ケアを行わなければ、必ず悪化します。

 このように、
歯科医療は治療計画に基づいて一定の期間を設定しながら治療を進めているわけで、
決して不要不急ではないのです。

 不要不急といえるのは審美目的のホワイトニングぐらいでしょう。
しかしこれも、歯の色にお悩みの患者さんにとっては、不要不急ではないでしょう。

 要は、医学的に不要不急であっても、患者さんの思いは全て、患者さん本人しか不要不急かどうかの判断はできないという事です。

元国立保健医療科学院 口腔保健部 部長で、
鶴見大学 歯学部探索歯学講座教授の花田 信弘 先生が、
4月20日のNHKのテレビ番組「朝イチ」で、
「口腔ケアをすることで、重症化が予防できる。
ウイルス感染による肺炎に続いて起きる、免疫力低下による細菌性肺炎のリスクを
低下させることができる」と話されていました。

医学的に、歯科治療が肺炎を予防することは、今や常識です。

【2.歯科医院の患者への感染リスクは高くない】 

 歯科医院では、新型コロナウイルス感染対策に関わらず、
以前から患者ごとの器具の交換、滅菌、ディスポーザブルの器具の使用などを
行ってきました。

 グローブも患者毎に交換し、マスク、ゴーグルを着用して処置を行なっています。
 問診の際も歯科医師はマスクを着用しており、
 術者の唾液が患者の口腔内に飛ぶ可能性はありません。

 待合室での感染リスクも低いです。

 内科や総合診療科は、感染リスクの高い患者が来院する一次医療機関です。
そして、どこも混雑しており、待合室で30分ぐらい待たされることが多いので、
患者同士の感染リスクが否定できないでしょう。

 しかし、
歯科医院はもともと体調が優れない患者が集まる医療機関ではありません。
また、ほとんどの患者さんは体調が悪いと予約変更をされて来院されません。

 さらに、歯科医院の多くは予約制です。
待合室は混雑しないし10分も待たせることは少ないでしょう。

 た、多くの歯科医院の待合室は空気清浄機を稼働させたり、
窓を開けたりしており、密室状態ではありません。
狭い待合室で大勢の患者が密集したり、密着して座る可能性は少なく、
他の診療科に比べて感染リスクは低いのです。

【3.患者から医療スタッフへの感染確率も高くない】 

 次に、感染した患者が来院する確率を考えてみましょう。
急患で来院するのは虫歯による痛みの患者さんが多いわけです。
厚生労働省の患者調査によれば、むし歯の受療率は人口10万対219人です。

 そして、日本の感染者数は約1万1千人です。
マスコミが言うようにその10倍の潜在感染者がいると仮定しても、10万1千人です。
 虫歯で来院する患者数は221人ということになります。

 これに対して歯科医院は2020年1月現在で約68,300軒あります。
つまり、感染した患者さんが来院する確率は221人÷68,300軒=0.32%です。

 さらに、平成29年の患者調査では歯科医院の患者の45.2%が65歳以上です。
この年齢層は、COVD-19に罹患すると自覚症状がでてアポイント変更をするでしょう。
 自覚症状のない15歳〜44歳は20.4%です。

 自覚症状のない患者20.4%が検温をすり抜けて来院する可能性は、
0.32%の20.4%ですから、0.065%になります。
有意な確率でしょうか。

 そして、歯科医師、歯科医師ともマスク、グローブ、ゴーグルでガードしているのです。

 だれもが買い物に立ち寄り、
店員がマスクだけの無防備状態で接客しているコンビニやスーパーなどと、
歯科治療を受ける患者だけが来院し、
医療スタッフが完全防備で対処する歯科医院との感染リスクには大きな違いがあるのです。

 とはいえ、楽観は禁物です。
ただし、必要以上に怖れず、冷静に診療を進めていただきたいと思います。  

 んには、視聴率稼ぎのマスコミに踊らされずに、安心して歯科医院で継続治療を受けていただけるように、
次の内容をご案内したいと思います。

「コロナウイルスに感染しても、重症化を予防できる数少ない手段の一つが、
歯科医院での口腔ケアと、
毎日のきちんとした歯みがきです。
それは、口腔内の常在細菌を減少させ、細菌性肺炎のリスクを低下させるからです。」                                        

 

 

もろとみ歯科

住所 〒814-0161
福岡県福岡市早良区飯倉7-3-10
TEL 092-801-2767
診療時間
平日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
休診日 日曜・祝日・(木曜)
祝日のある週は、木曜日も診療致します。

当院facebookはこちら
http://bit.ly/1XdzyyT