子供の虫歯の詰め物が良く取れるのはなぜですか?

ご質問ありがとうございます!

 

お子様の歯、乳歯は、エナメル質が大人の様に成熟していないので、接着がしにくい事が報告されています。

 

また、下から永久歯が生えてくることで、乳歯が押されることでかみ合わせがずれてきますので、詰め物に強いかみ合わせの力が当たり、外れやすいことも考えられます。

 

もろとみ歯科では、乳歯の虫歯はできるだけ麻酔をせずに詰め物を行うようにしています。

 

麻酔をすると、歯医者さんは注射されるところという負の認識が刷り込まれて、大人になっても歯医者さんが嫌いになり、お口の中が崩壊してしまっている患者さんもおられます。

 

麻酔をしなければ全部取り除けない虫歯や、神経を取る必要のある虫歯の場合も、虫歯の進行を抑制する塗り薬や、仮の詰め物を使用して、出来るだけ歯医者さんで痛い思いをしないように永久歯に生え変わるのを待つこともあります。

 

いままでも数件、お子様が歯科治療の麻酔で、重篤なアレルギー(アナフィラキシーショック)を起こし、死亡したという痛ましい事例も報告されています。

 

しかし、お子様のお口の中の管理で一番大切な事は、虫歯にさせないことですので、もろとみ歯科では定期的にフッ素を塗布したりと、虫歯予防に力を入れております。

 

 

もろとみ歯科

住所 〒814-0161
福岡県福岡市早良区飯倉7-3-10
TEL 092-801-2767
診療時間
平日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
休診日 日曜・祝日・(木曜)
祝日のある週は、木曜日も診療致します。

当院facebookはこちら
http://bit.ly/1XdzyyT