報道にある「イソジン」のコロナ予防に関しての提言

昨日、報道であたかもイソジンがコロナウイルスを撲滅するような誤った報道がありましたので、提言を申し上げます。

ポビドンヨードによるうがいは、『風邪予防に有効ではない』

ポビドンヨードによるうがいは、『風邪予防に有効ではない』という有名な研究結果があります

水のみでうがいをすると、うがいをしないグループよりも風邪にかかる確率が下がったものの、ポビドンヨードでうがいをするグループは効果が認められなかったのです

American journal of preventive medicine 2005; 29:302-7.

 

ポビドンヨードは確かに、細菌やウイルスをつよく叩く効果があります。しかし、水のみのうがいのほうがポビドンヨードのうがいよりも有効だったということになったのです。なぜでしょうか?

 

ポビドンヨードは強力な殺菌性ゆえに、のどや口の中にもともといる『正常な細菌』をも叩いてしまい、さらには粘膜なども痛めてしまうからと考えられています。強すぎるゆえに『総合的には効果が相殺されてしまう』のですね。

 

また、一般的に、ポビドンヨードのうがい薬の安全性は高いと考えられますが、稀に発症する致死的なアナフィラキシーショックや、長期使用での甲状腺機能を障害する可能性が指摘されています。

Sato K, et al. Internal Medicine 2007; 46:391-5.

 

今回の報道をみるかぎり分かることはひとつです。

『ポビドンヨードによるうがいをすると、一時的に唾液(つば)の中の新型コロナの量が減るということ』です。

ここで注意したいことがあります。

『唾液(つば)の検体でPCR検査が陰性化すること』と、『新型コロナによる悪化を防ぐか』は、似ていますが、同じではないということです。

 

繰り返しになりますが、今回の報道は、唾液の中の新型コロナが減っても、その後の新型コロナによる悪化が防がれるという研究結果ではないのです。唾液検査での陽性率が下がった、という結果です。うがいによって、一時的に新型コロナが検出されにくくなっただけです。

 

一方で、口の中を清潔に保つ、『口腔ケア』は重要です。体調を崩したときに、口の中の清潔をたもつ『口腔内ケア』は重要です。新型コロナに限らず、歯磨きなどで口の中の清潔を保つと、肺炎などのリスクが下がることがわかっています。

 

 

もろとみ歯科

住所 〒814-0161
福岡県福岡市早良区飯倉7-3-10
TEL 092-801-2767
診療時間
平日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
休診日 日曜・祝日・(木曜)
祝日のある週は、木曜日も診療致します。

当院facebookはこちら
http://bit.ly/1XdzyyT